Ubuntu 8.10にしてみたが

VAIOのUbuntuを8.04LTSから8.10にアップグレードした。
アップグレード自体はとくに引っかかることもなく無事終了したが、キーマップがおかしい。英字キーボードなのに日本語配列になっている。この辺は毎回引っかかるが、引っかかる箇所が毎回違う。
今回はコンソールでは問題無し。Gnomeの[設定]-[キーボード]から変更すればユーザのX環境には反映されるがあたりまえだがgdmには反映されない。前回はxorg.confに設定を書いたので今回も草子ようと思ったが・・・。
・X11の設定がxorg.confではなくhalに統一されていた。xml書きにくいよ~。
・キーボードドライバがkbdでなくevdevになっていた。evdevの誤認識かなぁ。
と一筋縄では行かなそう。この辺はfreedesktop.orgの成果物だと思われるので暖かく見守りたいのだがディストリでの導入は時期尚早だったのでは・・・と思わざるを得ない。
ためしにfdiをイジってevdevではなくkeyboardを読ませるようにしてみたが、うまくいかない。とりあえずログインだけはjp-106でやるか。こういうときは「セキュリティの関係上複雑なパスワードを設定」していることが仇となるなぁ。

カテゴリ: IT系 日付:
タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事へのコメントはこちらへもどうぞ!!

Twitter: @tomokiwa

Facebook: hwakimoto