タグ別アーカイブ: ヒルクライム

K-7を担いで外秩父笠山をチャリで登る、の巻

久々に「K-7担いでヒルクライム」シリーズ。一眼レフを担いでロードバイクで山登りする企画です。3年ぶり!!

草も木を登る
2013/04/13 埼玉県小川町
PENTAX K-7 | DA18-135mm/F3.5-5.6 |

↓今回のコースはこれ。


獲得標高1100mの30kmコース。笠山と白石峠を登ります。

▼続きを読む…

Mt富士ヒルクライム2011エントリーしました

なんと連日のブログ更新なんて何年ぶりだ!?
はい。今年もエントリーしました。「Mt富士ヒルクライム」。
http://www.fujihc.jp/
昨年はエントリー開始からわずか8時間で締め切られて話題になっていましたが、今年はなんと3時間!!あやうく出場権を逃がすところでした。
昨年の出場結果はこちら
そういうわけで、俺の長いようで短い3ヶ月の自転車シーズンがまもなく開始されます。
正直例年ほどのモチベーションはないですが、ぼちぼち走りはじめます。
今年の目標タイムは1時間25分
どうかなぁ。

カテゴリ: チャリ走行日誌 日付:
タグ:

スーパーヒルクライム in ターンパイクに参加しました

先日、スーパーヒルクライム in ターンパイク に参加しました。
参加してみようかな、と思った時点ではすでに二次募集も終了しておりキャンセル待ちとなっていたのすが、ダメ元でエントリーしてみたらあっさりと「キャンセルが出たので参加できます」という連絡が。そこで急遽参加することになりました。
普段は自転車が走れない上に今回が初めてのイベントということもあり、事前情報も少なく戦略も立てづらいのでとりあえず勾配が近い白石峠を2度ほど登ったのが前回の日記です

▼続きを読む…

Mt.富士ヒルクライム2010 報告

今年も走って来ました。Mt.富士ヒルクライム。
(2010/06/07:追記あり)
(2010/06/08:GARMINの生データをアップしました)
公式リザルトは
1時間29分51秒
念願の90分切りを果たしました。
R0071598e.jpg
(撮ってくれた方、ありがとうございました)
昨年も同じ90分という目標で走ったのですが、1時間48分という腑甲斐無い成績でした。今年はリベンジということで昨年のデータや普段の奥多摩や奥武蔵の走行記録をかたっぱしから検証して綿密な計画で走りました。その計算があまりにも正確すぎてか(笑)、誤差わずか9秒という驚異的な数字となりました。
ツイッターでのリアルタイムなつぶやきはこちら

▼続きを読む…

Mt.富士ヒルクライム出場します

昨年にひきつづき、今年も出場します。Mt.富士ヒルクライム。
http://www.fujihc.jp/
昨年は練習での故障やなんかがあり散々な結果でしたが、今年はリベンジです。今度こそ1時間30分を目指します。しかし、あと2週間でどういう対策ができるんだろうか。
昨年と比べて今年の方がタイムが良くなる要素がいくつもあるかというとそうでもない。最大の有利な要素はなんと言っても今のところ故障をしていない、という点。このおかげで昨年より多少練習量も多い。それくらいかな。一年でそこそこ走ったので基礎体力が上ったというのも多少はあるかもしれないけど、その前の年よりもたくさん走ったのかというと案外そうでもない。一昨年はクロスバイクだったのでロードバイクでの走りに慣れたという意味では昨年とは違うかもしれないけど。
逆にネガティブな要素(?)としては、都民の森TTの結果が芳しくないというのがある。昨年のベストを更新してないし、届いてもいない。今年は安定してはいるが速くはない。ムラがあるが速いときは速かった昨年とはだいぶ違う。いろいろ考えているがなぜ昨年のタイムに届かないのかはいまだにわからない。ポジションは変えたけど、それは良くなった感触しかない。変なクセがついたか?
機材は昨年とほぼ同じ。違いはホイールはアラヤ×アルテ手組みからWH-6700に変わったけどスペック上は似たりよったりで誤差の範囲。タイヤは昨年は練習がPANA CLOSERで本番がFORTEZZA TRICOMP SLICK だったけど、今年は練習がSCHWALBE DURANO で 本番が ULTREMO。これも本番スペックは同等。
エンジンスペックはというと、体重、体脂肪ともほぼ同じ。1歳年を取ったので最大心拍数が1程度落ちてるかもしれない。ヘモグロビンの状態とかはさすがにわからない。
本番前の練習量はもうほぼ見えている。5/22と5/29には山に行くが強度は本番ほどではない。試走はしない(もしかすると部分的にはやるかもしれない)。あとは朝練か夜練を3~4回くらいはできる。ジムに2回くらいは行く。あとは前日に現地で軽く練習。減量はしないので食事はふつうだけど、いつもよりは油ものを控え、たんぱく質を多め、直前は炭水化物中心、という教科書通りな感じになればいいな。
おそらく本番での最大の問題点は睡眠。遅寝遅起き体質なので5時起き7時スタートがつらい。本番前日にちゃんと寝れるか。練習よりも何よりもこれが一番重要な気がする。これから2週間は朝型に変えよう。
あとできること、何かあるだろうか?

カテゴリ: チャリ走行日誌 日付:
タグ:

K-7を担いでヤビツ峠をチャリで登る、の巻

いつものごとくタイムラグ。
Exif情報によると10/10のことですが、初めてヤビツ峠に行きました。

高揚の前
2009/10/10 ヤビツ峠
| PENTAX K-7 | TAMRON 28-75mm/F2.8 (A09) |

SIDE-B入れる人はこちらもどうぞ。

▼続きを読む…

K-7を担いで金峰山をチャリで登る、の巻

9月初旬、今となっては昔のことですが
ひさびさにK-7担いでヒルクラしてきました。

金峰山
2009/09/20 熊本市
PENTAX K-7 | TAMRON 28-75mm/F2.8 (A09) | トリミング&レタッチ |
右上のうっすらとした山は、海の向こうの雲仙

▼続きを読む…

K-7を担いで鶴峠をチャリで登る、の巻

今回は自宅(新宿区)からの自走としては初めての山梨県入りです。もちろんK-7を持って走りました。

奥多摩とラレーCST
2009/07/18 月夜見第二駐車場
PENTAX K-7 | DA18-55mm AL WR
おもいっきり露出オーバーです。

あらかじめ言っておかなければならないことがあります。今回はハードだったため写真はかなりマズいです。とくに露出がぜんぜんなってません。露出や手振れやフレーミングにすら気を使う余裕がありませんでした。これならK-7を持ちだすまでもなくコンデジでも携帯でもよかったんじゃないかというご意見があればそれに同意せざるをえません。しかし「K-7を担いで峠を登るシリーズ」なので(いつからシリーズ化??w)なんとかK-7でがんばっているわけです。その辺をご理解ください。今度からハードな走りの日は分割測光にしてみます(いつもは中央重点平均測光)。

▼続きを読む…

自転車乗りのためのカメラバッグ選び

前回のエントリーに「ロードバイクでカメラをどうやって持って行ってるのか?」という質問がありましたので、今回はその辺のことについて書きたいと思います。

▼続きを読む…

K-7を担いで風張峠をチャリで登る、の巻

もはやチャリの話題なのか写真の話題なのか単に個人的な日記なのかよくわからなってきましたが、全部わかる人は少数派だと思うので、わかるところだけ読んでくださいw
今日は、K-7の新機能CTEを試すために、奥多摩でヒルクライムして来ました。

秋川渓谷
2009/07/11 東京都あきるの市 (クリックで拡大)
PENTAX K-7 | DA18-55mm AL WR | ISO200 | 鮮やか(0,0,0,+1,+1) | CTE

▼続きを読む…