ノルウェーで買ったCD-その1

ベルゲンの2日目、「よく考えたらここはノルウェーじゃないか! ノルウェーといえば北欧ジャズのメッカ。もしかしていい音源あるかも!」と思いCD屋を探したら街の規模のわりには大きめのショップが見つかりました。しかも全曲試聴可。JAZZコーナーにはちゃんとノルウェーJAZZの棚が!! というわけでECMとかJazzlandのような日本で入手しやすそうなレーベルを避け、見たことないレーベルのCDをジャケットで選んで試聴。2時間かけて20枚くらい試聴し、最終的に4枚購入しました。

最初に買ったのはこれ。

ノルウェーCD1
“ノルウェーCD1
ノルウェーCD1裏
ノルウェーCD1裏

SKOMSORK
Park Grammofon / PGCD 101

リーダのSkomsvoll(わりと有名らしい)がキーボード/ピアノ、他にサックス、ギター、ベース、ドラム/サンプルの5人編成で、曲によってはゲストでストリングスが入っている。いわゆる北欧ジャズの王道からははずれているのかな。アルバム全体で曲調は統一されていないが雰囲気はやや暗めのいい感じ。ミニマルなフレーズにサックスかギターのソロが入るという展開のもの(多分これがウリ)と、普通のジャズ(?)っぽいものがある。パットメセニー風の緩やかなのとか。ギター以外は基本的にアコースティックで、サンプラーも使用しているけどこれはかなり限られた曲だけ。打ち込みはたぶんやってない。演奏は高度ではないがむちゃくちゃ上手いと思う。このCDははっきり言って当たりだと思う。試聴しまくった甲斐があった。

ちょっと調べた感じでは残念ながらアマゾンなどでは入手できないっぽい。

カテゴリ: 音楽的なもの 日付:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事へのコメントはこちらへもどうぞ!!

Twitter: @tomokiwa

Facebook: hwakimoto