オレ専用mixi的なモノ

・・を作ってみようと思うんですが、どうでしょう?

「mixi的なモノ」つまり招待制のネットコミュニティサイトは別にmixiが元祖でもなんでもなくて、SNSといわれる一般的なサービスなんですが、これのメリットは近しい人とのコミュニケーションに使える、という点です。インターネットの普及率が100%に近づいてきた現在では、個人の日記をオープンなホームページやブログに気軽に書き込むと、いろんな問題がでてきますよね。最近ではネットでは個人名なんかは出さないのが礼儀になってきています。でももともとインターネットは気軽に書けて気軽に読めるのが面白くて普及したわけですが、それがやりにくくなってきた。で、そのおもしろさを取り戻すのがSNSだったと思います。SNSの中だと、直接の知合いでなくても知合いの知合いとかある程度は関係ある人が見ているわけだから、そんなに礼儀正しくかかなくてもいいし、個人名を名指しで出しても大きなトラブルになる危険性は低い。それがSNSのメリットです。

たとえば僕は良くブログに写真を載せるんですが、その写真は大抵誰も写っていません。これは肖像権の問題を気にしているからです。ピースボートの船内の写真とかもたくさんあるんですが、全くアップしてません。

先日ブログに釣りの写真を載せたんですが、そのときに個人が明らかに特定できるような写真はアップするのを避けました。僕の場合はmixi日記ではなくブログなので誰でも見れてしまうんで、顔ドアップとかそういうのは載せずに、知ってる人ならわかる程度の写真にしました。でもほんとはそうじゃないあからさまな写真も載せたい。そこで昨日はあからさまに誰だかわかる写真だけをわけてmixiにアップしました。

と・こ・ろ・が、です。これまたマイミクだけ見れるのかマイミクのマイミクまで見れるのか、mixi会員ならだれでも見れるのか、それともパスワードを知ってる人だけ見れるのか、というオプションなんかがあるんですね。しかもmixiに入ってない人もいる。自分の写真を見てもらうためにmixiに入ってってのもどうかという気がするし、もうなんか気にしすぎて胃が痛くなりそうです。

そ・こ・で、です。そもそもmixiという他人のSNSに頼っているのが間違いなんじゃないかと、これからは1人1SNSを運営していてもいいんじゃないかと、それは大げさだとしてもオレmixiみたいなものを立ち上げたらどうだろうか、と思ったわけです。そもそもマイミクが100人超えたあたりでmixiは使いにくくてしょうがなかったんです。

考えたルールは下のようなこんな感じ。

・オレ(わきもとひろゆき)の知合いなら誰でも入会OK
・オレ以外の人からも招待できる。ただし入会できるのはオレを知ってる人のみ。
・入った人はmixiみたいに自分のページがあって、日記を書いたりもできる(するかどうかはともかく)。
・マイミクみたいな会員同士をつなぐ仕組みがある。オレの知合い限定にもかかわらずオレとマイミク(的なもの)になってる必要すらない。
・コミュニティもつくれて、最初はオレの知合いのカテゴリ(ピースボートとか外山恒一関連とか三平クラブとか熊大関連とか親戚関連とかとか・・)のコミュニティがあって、でも会員が俺と関係なく勝手にコミュニティを作ってもいい。
・日記やコミュニティではオレにはなんのことだかわからない話題をしてももちろんOKだし、オレの知合いなのに俺のマイミクにならず、マイミクしか見れない日記を書くことで、オレが見れない日記を書くことも可能。
・で、(ここが重要)著作権や肖像権に関する基本ルールは「知合いなので楽観視」。
・ただし著作権は書いた(アップした)人にあり無断転載、無断悪用は禁止。もちろん許可を得て転載したり許可を得て悪用するのはかまわない。
・(ここも重要)政治的活動、商業目的の書き込み、宗教勧誘もOK。「自分の店を開いたから来てね」とか「候補者だれだれさんを応援しよう!」とか「○×教に入りませんか?」とか「政府転覆しませんか?」とか「カンパしてください」というのもやりたければやってもいい。もちろん「○×教を弾圧しよう!」とか「候補者だれだれを糾弾せよ!」とかいうのもOK。
・ただし、(ここが一番重要)管理人がやっぱダメと言ったらダメ。オレがルール。ルール変更するのもオレ。

どうかな? マイミクの人の半分くらいが入ってくれれば100人くらいになりそうなんだけど。そんなの作ってもやっぱオレにしかメリットないかな?

カテゴリ: 近況 日付:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事へのコメントはこちらへもどうぞ!!

Twitter: @tomokiwa

Facebook: hwakimoto