『自省録』マルクス・アウレリウス

『自省録』/マルクス・アウレリウス (講談社学術文庫)

マルクス・アウレリウス・アントニヌス。ローマ帝国の皇帝にしてストア派哲学者。しかも、皇帝としては歴代ローマ皇帝の中でも著しく評価の高い「五賢帝」の1人に数えられ、哲学者としても現代まで読み継がれている数少ないストア派哲学書の著者である。プラトンが『国家』で夢として描いた「哲学者が統治する理想国家」をある意味実現した人。こう聞くと「圧倒的じゃないか!」と思える。しかし。

マルクス・アウレリウスの主著『自省録』、一読して幻滅。これはただの自己啓発書だ。座右の銘とかが大好きな、「哲学」を世俗的な人生論としてとらえてるような人が好きそうな本だ。

いや1900年前に自己啓発書の元ネタになるような本を書いたのはスゴいと思う。現代の書店の自己啓発コーナーやビジネス書の成功哲学コーナーにおいてある本なんてここに書かれてることを薄めて広げてるだけだし、たまたま成功しただけの聞いたこともない会社の社長の格言なんかよりも、ローマ皇帝の生の言葉の方がはるかに重い。だけれども、これが「哲学」に対する間違った印象を広めた諸悪の根源なんじゃないか、といっても良いくらい、この著作の中では何も哲学していない。

ここでは、ストア派哲学を学んだ者がそれを自分に適用しようとして悪連苦闘している様子が描かれている。これを読んでいるとマルクスが世界をどのように見ていたのかはよくわかる。けれども、なぜ「それが真理である」と考えているのかについてはは全く触れられておらず、哲学に必要な先達に対する批判的検討がなされていない(単なる批判についてはソフィストに対してなされているが)。そういう意味ではこれは思索を深める哲学書ではなく、ストア教信者によるストア派思想実践本、あるいは懺悔本といったものに近い。

しかも、読めば読むほどに、そこに言及されている思想の内容とは裏腹に、自分が苦しんでいること、怒っていること、欲望に惹かれていることの独白になっている。基本的には「怒ることに意味などない。すべては自然だ。善悪など存在しない」と繰り返し(100回ほど?)書かれているだけの本であるが、これを読めば内心マルクスがどれだけ怒っていたのかがよくわかる。元々出版予定の書ではなく自分用に書いたものであるという触れ込みだが、世に出してしまったことで、言ってることとやってることが全く逆、という矛盾が生まれてしまっている。「悩む必要などない」と言いながら悩み続けていることを告白しつづける、ストア派としては敗北の書である。それはとても痛々しいが、とても共感できる。すべての孤独な政治家や経営者にぜひ通読をおすすめしたいほどだ。

けれども、ストア派哲学の文献を読みたい、と思って手に取ると幻滅する。ストア派の思想を知りたいのであれば、マルクスが書いていることの受け売りの元ネタを読まなければならない。

そういえば、エピクロスについて何度か言及され、引用もされているがあまり批判的なニュアンスはない。教科書ではストア派とエピクロス派は対極にある思想であるかのように書かれているが、この時代にはそれほどでもなかったのだろうか。逆に、ソフィスト(これも世俗的解釈の上でだと思うが)に対してはとても批判的である。

今回読んだのは講談社学術文庫版(鈴木照雄訳)だが、これ以外にも岩波新書版(神谷美恵子訳)もある。どちらを読むかは書店で比較してみたが、岩波文庫版の方がふんわりしているように思えたので、講談社学術文庫版にした。

最後に一文だけ引用する。

「私の演じたのは五幕でなく三幕です」。その通りだ。しかし、人生においては三幕が劇全体であるのだ。

だけど、五賢帝はマルクス・アウレリウスで終幕した。

現在、数年前に読了したプラトン『国家』をまとめようと思いつつ挫折していて、それとは別にアリストテレス『ニコマコス倫理学』を読んでいるところ。さらに、本書のネタ元だと思われる、エピクテトス『語録』も読んでみたい。

カテゴリ: 読んだ本/漫画 日付:
タグ: ,

2017年3月の神保町

神保町は東京の中でもかなり好きな街です。

ここに初めて来たのは大学生の頃で、熊本在住ながらなぜか2ヶ月に1度くらいは来ていました。JANISの会員証も持っていたほどです。

その頃(すでに神保町のピークは過ぎていたのではないかと思いますが)と比べても、今は古本屋の店舗数はおそらく半分くらいにはなっているんじゃないでしょうか。

僕も最近は訪れる回数もめっきり減り、年1回来るかどうかといったところです。御茶ノ水の楽器屋をはしごしながら神保町に出るのがお決まりのコースなのですが、今回交差点に出てみて驚いたのは、風景が全く変わっていることです。

2017/03/04 神保町
PENTAX K-1 | smc-PENTAX FA43mm F1.9

以前の神保町しか知らない人には、この写真が神保町だとは気づかないのではないでしょうか? ドンキホーテがあるのはヴィクトリアゴルフ館のあった場所、ABCマートがあるのは書泉ブックマートがあった場所です。

神保町に来る時にはだいたい何か目当てのジャンルがあります。前回はドイツ語の辞書を探しに来たのですが、今回のメインは中央公論社の「世界の名著」です。「世界の名著」は海外の著書をこのシリーズのために完訳/抄訳し、さらにそれを訳者が解説する、という全集で全81巻です。とっくに絶版になっているのですが古本ではかなり出回っており僕は6冊だけ持っています。これを全巻セットで購入するかどうかを考えていて、いくらぐらいなのかと状態がどうなのかを見に来たのです。いずれにしても持って帰れる量ではないので購入するとしてもまた後日なのですが。

2017/03/04 神保町
PENTAX K-1 | smc-PENTAX FA43mm F1.9

世界の名著は、70年代に出ていたハードカバー版と、10年くらい前まで売られていたペーパーバッグ版があり、購入するなら電車の中で読みやすいペーパーバッグ版を、と思っていたのですが、今日あちこちで見たところ、古いハードカバー版の方がむしろ状態は良く、ペーパーバッグ版は紙が焼けてて読みにくい感じでした。ケースの有無もあるでしょうが、使われてる紙の品質が大きいのではないかと思います。そういえばうちにある新品で買ったペーパーバッグ版もかなり紙色が変色しています。そういうわけで、買うならハードカバー版の方がよいように思いました。しかしハードカバー版はかさばるので、81冊も自宅に置くのは困難。どうするか現在悩み中です。

金額的にはどの店でも全巻で8万前後が神保町の相場のようです。ネット通販やヤフオクだと4~5万であるので割高ですが、場所代もあるのでこんなもんでしょうか。バラは300円~1000円と状態や品数によって違うんですが、セットじゃないと入手困難な巻もあるので、バラで買うなら揃えるのはあきらめるしかないかな。世界の名著の調査はそんな感じ。

今日は昼過ぎに出かけたので着いたのは1時半ごろ。ぶらぶらと店を回りながらお腹が空いてきたのでどこかに入ろうかと思ったのですが、どこも行列。

2017/03/04 神保町
PENTAX K-1 | smc-PENTAX FA43mm F1.9

神保町はカレー屋と喫茶店がとても多いですが、すぐに入れそうな店はラーメン屋くらいしか見つかりませんでした。いつも思うのですが、さぼうるってなんでいつも行列なんでしょうか? 元は駅から近いけど地味な裏通りなので隠れ家的に利用できて便利、という店だったんじゃないかと思うのですが、あんなに行列になるとわざわざ行く理由がないのですが。

仕方なく空腹のまま古本屋の巡回をつづけ、15時すぎにやっと行列が減ってきたカレー屋ボンディでビーフカレー辛口大盛りを注文しました。ちょっと高めだし、行列が少ないといっても10人待ちくらい並んだのですが、味は美味しいので満足です。

2017/03/04 神保町
XPERIA X Performance

満腹になったところで、2巡目に入ります。

1巡目に気になった本を見直しながら、何冊か選んで買っていきます。だいたい1巡目に欲しいと思った本は2巡目には興味が薄れていて、1巡目に気づかなかった本が2巡目に見つかる、というのが多いです。

2017/03/04 神保町
PENTAX K-1 | smc-PENTAX FA43mm F1.9

いつも欲しい本は10冊くらい出てくるのですが、買うのは5冊くらいに留めています。後からでも入手できそうなものや、すぐには読まなさそうなものは外していきます。

で、今日の戦利品はこんな感じです。全2100円。安い!

2017/03/04 御茶ノ水
XPERIA X Performance

2017年1月の熊本城

正月の写真の最後は、熊本城です。

2017/01/04 熊本市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 43mm F1.9

熊本城も損壊がひどく、入れる箇所は限られています。というか、門の中には一切入れません。

ここで熊本城を知らない人もいると思うので、その仕組みを簡単に説明します。熊本城というのは、広義には熊本市の中心街のそばにある、東京で言うと皇居(=江戸城)の半分くらいの広さの石垣エリアのことです。美術館やら病院やら博物館やらがその中に入っています。「熊本城は閉鎖されていて入場はできません」という時の熊本城はその中でも天守や本丸御殿などがある中心部の狭い範囲の話で、実際にはその外側のかなり広い範囲には入ることができます。

で、熊本城のメインは建物ではなく、その周りにある加藤清正が築いた石垣です。この石垣が、石垣なのにすごい曲線美なんですね。その石垣に四方八方を囲まれた空間が熊本城です(これも写真ではわからないので行ったことない人は一度行ってみることをおすすめします)。

2017/01/04 熊本市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 43mm F1.9

で、建物の方ですが、通常「熊本城」と称してテレビなどで写っているあれ、震災後は瓦が落ちた様子などが映し出されていたあの建物ですが、これも知らない人のために言っておくと、あれ(大天守と小天守)はダミーです。最悪壊れてもそんなに問題はありません(修復予算の問題はありますが)。本命はその後ろに控えているやつです。

2017/01/04 熊本市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM | トリミング

上の写真は熊本城の天守を裏側から撮った写真です。この写真で右奥にあるのが大天守、左奥にあるのが小天守です。この2つがテレビや写真などに通常出てくる熊本城の表の顔です。では手前真ん中(つまり本来の正面からいうと裏側)にあるのは何か? これが本命の「宇土櫓」です。櫓っていうのは荷物置き場って意味ですが、この宇土櫓は通常の城の天守と同等かそれ以上の規模の大きな建造物で、実質的な「第三の天守」であり、しかも大天守や小天守と違い、西南戦争で焼け落ちずに残っている、安土桃山時代建造(完成は江戸時代初期)の建物なのです。これが熊本城のラスボスだと思っていていただいてかまいません。こいつが無事である限り、大天守小天守が落ちたとしても熊本城は陥落したとは言えません。なお、この角度からだと石垣が崩れて危うそうに見えますが、この石垣は手前にある別のもので、城の土台になっているわけではありません。

2017/01/04 熊本市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 43mm F1.9

別の角度から見ると、こんな感じです。よく見るとヒビが入っていたり壁が剥がれている箇所がありますが、このまま崩れるようなことはなさそうです。

以上、正月の写真でした。

カテゴリ: PHOTO, 旅行記的なもの 日付:

2017年1月の阿蘇

週一ブログ更新をめざすということで、今回と次回は、正月に撮った写真をアップしていきます。

まずは阿蘇神社です。ここは昨年の震災でいろいろ壊れてしまったんですが、一部公開されていたので初詣に行ってきました。

2017/01/04 熊本県阿蘇市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited
2017/01/04 熊本県阿蘇市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited
2017/01/04 熊本県阿蘇市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

つづいて国造阿蘇神社です。こちらは特に壊れているところはなさそうでした。

2017/01/04 熊本県阿蘇市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]
2017/01/04 熊本県阿蘇市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]

3つめは片俣阿蘇神社です。

2017/01/04 熊本県阿蘇郡産山村
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]
2017/01/04 熊本県阿蘇郡産山村
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]

ところで、九州以外の人は「三社参り」について知らないのではないでしょうか? 三社参りというのは「初詣では3つの神社を回って詣でなければならない」という九州のローカルルールです。それ以外の地域でも一部あるらしいですが、僕が聞いた中では九州の人以外で知っている人に出会ったことがありません。むしろ「別の神様に参ったら神様同士が喧嘩するんじゃないの?」と言われることが多いです。

多分それほど伝統的なルールではなく、3つ回るルールにした方が地域活性化に繋がるんじゃないか、的な理由でいつかどこかの誰かが流行らせたんじゃないかと想像しています。

2017/01/04 熊本県阿蘇市(大観峰)
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]
2017/01/04 熊本県阿蘇市(大観峰)
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]

阿蘇というのはかなり大きくて写りきらないので、写真では凄さがあまりわからないと思います。

阿蘇の仕組みを簡単に言うと、阿蘇というのは直径50kmくらいのエリアの名称で、どこからどこまでが阿蘇なのかはよくわかりません。で、その中心に直径20~30kmくらいの大きなカルデラ(噴火口跡)があって、そのカルデラの中に街があって、人が住んでて、コンビニもあって、学校もあって、国道もJRも通っています。こういう説明をすると、よく「なぜカルデラの中なんかに人が住んでるの?大丈夫なの?」と聞かれるのですが、おそらくはるか太古にそこに人が住み始めた時にはそこがカルデラだとは誰も気づかなかったんじゃないでしょうか。「なんかこの辺、山に囲まれてるなー」くらいにしか思わなかったと思います。そのくらい大きいです。で、そのカルデラの中心部にまた火山がたくさんあって、それが、普通「阿蘇」と称してテレビなどで噴火の様子などが写ってるやつです。あのモクモクしている噴火口の中にはさすがに人は住んでいません。

まあ行ってみないとわからないと思うので、行ったことない人は一度訪れてみてください。まだ震災の影響とその後の噴火の影響で観光できる箇所は限られますが、徐々に道が開通し始めているので、近いうちに普通に観光できるようになると思います。外国人観光客が増える前が行き時だと思います。

で、2017年になりましたが。

もう2月も3週目に入りますが、みなさん、明けましておめでとうございます。

2017/01/04 熊本県阿蘇郡産山村
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]

まず最初に。今年はブログを書いていこうと思います(毎年思っていますけど)。昨今のブログはアフィリエイト目的のくだらないのか、意識高い系の自己啓発っぽいのばっかりで、面白くないですね。技術系や趣味系は面白いのもちょこちょこありますが、やはりFacebookやTwitterとの差別化が難しくなっているんでしょうか。

2017/01/04 熊本県阿蘇市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]

「ブログに書きたいな」と思うことはそこそこあったりするんですが、日にちが経ってしまうと鮮度が落ちてしまってあっさりとしか書けなくなってしまうので、まあいいかと思って下書きで止まってしまうんですよね(下書きのまま公開していないのは10記事くらいあるんですよ、実際)。企画ものということで昨年の桜の写真は急いで上げましたが、ほんと鮮度ないですよね。あたりまえですね。

2017/01/04 熊本県阿蘇市
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]

そういうわけで、これから週1記事くらいのペースでコンスタントに書いていきたいと思います。内容はちょっと偏ってて読む人を選ぶかもしれません。当面は自転車のこととか写真のこととか分かる人にしかわからないことが続くと思います。それが落ち着いたらまた違う方向性でちょっとは面白いことを書いていきたいと思っています。どうなるかわかりませんが。

今日のところは、正月に撮った写真をアップしてお茶を濁しておきます。

2017/01/04 熊本県阿蘇郡産山村
PENTAX K-1 | smc PENTAX-FA 24-90mm F3.5-4.5AL [IF]

では、本年もよろしくお願いします。

サクラを撮るならサクラカラー2016

(この記事は2017年2月に書いていますが、管理の都合上当時の更新日で投稿しています。ご了承ください)

2016/03/29 新宿区上落合
| PENTAX SuperA | レンズ詳細不明 | KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER 200

みなさんこんにちは。

2007年に製造を終了したコニカミノルタの残りフィルムを使って桜を撮影する毎年恒例の企画です。コニカミノルタのフィルムはその前はコニカカラー、さらにその前はサクラカラーと呼ばれていました。なのでサクラカラーで桜を撮るということに引っ掛けた企画なのですが大半の方は「そんなこと知らんがな」って感じだと思います。それでいいんです。

で、期限が切れて7年。いよいよノイズが増えて怪しげな写真になってまいりました。

2016/03/29 新宿区上落合
| PENTAX SuperA | レンズ詳細不明 |

撮影場所は例年だいたい同じなのですが、上の2枚は新宿区上落合のせせらぎの里公園の横の神田川です。

そしてここからは埼玉県比企郡小川町の下里分校とその周辺及び八幡神社参道です。

2016/04/03 埼玉県小川町(下里地区)
| PENTAX SuperA | レンズ詳細不明 |

下里分校は人気アニメ「のんのんびより」の舞台になっていることから最近は訪問者が多いようです。すでに廃校になっているのですが、年に一度のさくら祭りの日だけ校舎の中に入れるということで、この日もたくさんの人が訪れていました。

(追記)「下里さくら祭り2017」の日程も決まったようです。
詳しくはこちら→ https://www.facebook.com/events/1732950753700758/

2016/04/03 埼玉県小川町(下里分校)
| PENTAX SuperA | レンズ詳細不明 |
2016/04/03 埼玉県小川町(下里分校)
| PENTAX SuperA | レンズ詳細不明 |
2016/04/03 埼玉県小川町(下里分校)
| PENTAX SuperA | レンズ詳細不明 |

撮影に使用したレンズですが、随分前のことなので(書いているのは2017年)忘れてしまいました。

2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
| PENTAX SuperA | レンズ詳細不明 |
2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
| PENTAX SuperA | レンズ詳細不明 |

以後、デジタル写真です。

まずはXPERIA Z1で撮ったやつ。

2016/04/03 埼玉県小川町(下里分校)
XPERIA Z1
2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
XPERIA Z1
2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
XPERIA Z1

最後にPENTAX K-7で撮ったやつです。

この日、レンズはめずらしくタムロンA09を持ち出しました。このレンズ、しばらく使っていなかったのですがフルサイズ対応ということもあり、K-1を購入した時のために(書いているのは2017年、すでに購入済み)テストを兼ねて使ってみました。

2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
PENTAX K-7 | Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
PENTAX K-7 | Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)

上2枚、花吹雪が縮小画像ではよく見えないので、ぜひ拡大してご覧ください。

2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
PENTAX K-7 | Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
PENTAX K-7 | Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
PENTAX K-7 | Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
PENTAX K-7 | Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)
2016/04/09 埼玉県小川町(八幡神社参道)
PENTAX K-7 | Tamron SP AF 28-75mm F2.8 XR Di (A09)

こうやって見比べると、やはり一眼レフの写真は良いですね。スマホの画質はかなり向上しましたが、やはり小型レンズの表現力には限界があるようです。

それではまた来年の桜でお会いしましょう。(次の桜まであと2ヶ月です)

PENTAX K-S2 を使ってみた

先日、父がK-5のサブに欲しいというので PENTAX K-S2 を購入し、駆け足で試写してみました。
K5GP6152

▼続きを読む…

最近読んだ本 – 『闘うための哲学書』-小川仁志×萱野稔人


闘うための哲学書 (講談社現代新書)

本屋で平積みになってるのをたまたま手にとって期待せずに読んだ。

これ、むちゃくちゃ面白い。

著者の2人が22冊の哲学書を対談形式で解説するという一見普通の「哲学入門書」の形式なんだけど、面白いのは紹介されている哲学の中身ではなくて、この2人の解釈が毎回違っていてしょっちゅうぶつかって議論になるという点。

おおまかな傾向としては企画者の小川氏が解説するとゲストの萱野氏が違う視点で切り込む、という流れになっている。最初こそ用意された台本のように「こういう考え方もありますよ」のようなソフトな議論で進むんだけど、途中(と言ってもかなり早い時期)からはガチバトルな展開になり、この2人は相当仲が悪いんじゃないかと読んでいて心配になるくらいぶつかり合う。それが面白い。「寝る前に1日1哲学者ずつ1ヶ月くらいかけて読もうか」くらいに思っていたけど、結局3日で読み終わってしまった。

固い話ほど対談形式のほうが楽しめるというのはあるんだけど、それにしてもこんなにエキサイティングな対談は『EV.Cafe 超進化論 (講談社文庫)』以来かもしれない。

EV.Cafe 超進化論 (講談社文庫)

ところで、この小川仁志氏って全然知らないけどどんな人なんだろう?と読み終わってググってみたら、昨年読んだ本に自分で感想書いてることに気づいた(笑) そうか。この人か。

カテゴリ: 読んだ本/漫画 日付:

最近読んだ本2015春

突然ですが、ここ最近読んだ本の紹介です。

適当にピックアップしています。特におすすめというわけでもないので参考にするなりしないなり、ご自由にどうぞ。

21世紀の資本


▼続きを読む…

カテゴリ: 読んだ本/漫画 日付:

サクラを撮るならサクラカラー2015

一年ぶりの更新です。もはや桜の写真を上げるブログ、みたいになってます。

前半はネガフィルム(期限が切れて7年経つコニカミノルタセンチュリアスーパー)で撮影、後半はデジタルです。

2015sakura_002
2015/04/01 新宿区せせらぎの里
| PENTAX MX | FA43mm/F1.9 Limited | KONICAMINOLTA CENTRUA SUPER 200 |

▼続きを読む…