第1回:ひょうたんスピーカって何?

ひょうたんスピーカーを作ろう!
K5GP4972s.jpg
9月ごろのことです。
会社で音楽をかけていて、ボリュームを大きくすると邪魔だし小さくすると聞こえないしどうにかならないかなー、と思っていたんですが、「ひょうたんスピーカーにしたら解決するんじゃないか?」と思い立って実践することにしました。写真をご覧になればわかりますが、もう実際に会社で使っています。快適なリスニング環境が完成しました。
このメイキングをこのブログに書こうと思い、新カテゴリー「ひょうたんスピーカーを作ろう!」を新設しました。
これから約10回程度で、ひょうたんスピーカーの作り方を解説していきたいと思います。今のところ以下のようなコンテンツを予定しています。
第1回(今回):ひょうたんスピーカーって何?
第2回:必要な物と道具を揃えよう
第3回:ひょうたんスピーカーを作ってみる
第4回:ひょうたんスピーカーを慣らすアンプについて
第5回:ひょうたんスピーカー専用アンプを作る(前編)※マニアック
第6回:ひょうたんスピーカー専用アンプを作る(後編)※マニアック
第7回:ひょうたんの栽培をしてみよう1(接触編)
第8回:ひょうたんの栽培をしてみよう2(発動編)
第9回:ひょうたんの栽培をしてみよう3(収穫編)
第10回:まとめ
第5回まではすでに完成していることを書くだけなので簡単なんですが、それ以降はまだどうなるかわかりません。
では、早速、「ひょうたんスピーカーって何?」という解説からはじめます。

▼続きを読む…

『クリトン』プラトン

ソクラテスの弁明―エウチュプロン,クリトン (角川文庫)
プラトン
角川書店
売り上げランキング: 30444

はじめに

『クリトン』は、角川文庫の『弁明』に収録されているのですが、実は一年前に読んでその時にメモを残したまま放置していました。

今さら読みなおすのも何なので、以下その時のメモをそのまま掲載します。あまりまとまってないように思いますが…。

▼続きを読む…

『プロタゴラス』プラトン

プロタゴラス―ソフィストたち (岩波文庫)
プラトン
岩波書店
売り上げランキング: 85050

はじめに

ソクラテスとソフィストとの対話を読みたい、と思い『プロタゴラス』か『ゴルギアス』どちらにするか迷ったのですが、論客の知名度から言ってプロタゴラスだろうということでこちらにしました。

が、結論から言うとこの著作、ドキュメンタリーとしては良作ですが哲学としては物足りないです。結局『ゴルギアス』も読み始めました。プラトン哲学をちゃんと読みたいのであればそちらの方が面白いと思います。

▼続きを読む…

プロタゴラス断片

はじめに

プラトン著『プロタゴラス』の前に、ソクラテス以前の哲学者 (講談社学術文庫)のプロタゴラスの章を読んでみます。

ソクラテス以前の哲学者 (講談社学術文庫)
廣川 洋一
講談社
売り上げランキング: 83964

プロタゴラスはソフィストの中心人物ということもありかなり有名な人物で著作も多数ある(あった)わけですが、残念ながら現存する著作物は一つもなく、ここに全文書ける程度の断片しか残っていないようです。

すぐ後の時代には体系家で収集家のアリストテレスがいるわけですが、彼の収集対象にはプロタゴラスは入っていなかったようです。もちろんアリストテレスがプロタゴラスを知らなかったわけはないですし、その頃にすでに著作が失なわれていたとも考えられません。プロタゴラスを始めとするソフィストらはソクラテスやプラトンとは対立関係にあったわけで、そのためアリストテレスやその系列の学者によって故意に葬り去られたか、そうでなくても彼らの保管対象から外されたことで消失してしまったのではないか、と思わずにはいられません。

そのプロタゴラスの断片を2つ。

▼続きを読む…

色鉛筆いろいろ試してる、第三弾。

前々回前回に引き続き、色鉛筆のテストをやってます。
↓まずは、前回も載せたこれ。ホルベインアーティスト色鉛筆で描きました。これと同じモチーフをできるだけ同じ手数で違う色鉛筆で描いてみようというのが今回のテストです。
20110810_hol.jpg
あくまで隠蔽力テストが目的ですので画の良し悪しについては目をつぶってくださいw
※各色鉛筆の製品ごとの特徴などについてはこちらをご覧ください。

▼続きを読む…

カテゴリ: アート/お絵描き 日付:
タグ: ,

黒画用紙に色鉛筆で描いてみた

前回は溶剤による溶け具合をテーマにテストしましたが、今回のテーマは隠蔽力。黒画用紙にいろんな色鉛筆で描いてみました。
今回使用した画用紙は、100円ショップ「キャンドゥ」の8枚100円のB4黒画用紙を4つに切ったもの。なんと1枚3円というハイコストパフォーマンス。
まずは何かよくわからない星雲っぽいものを描いてテスト。
20110807_pencil006s.jpg

▼続きを読む…

カテゴリ: アート/お絵描き 日付:
タグ: ,

突然ですが色鉛筆について語ります

久々の更新なのに唐突にマニアックな話題で恐縮ですが、今日は色鉛筆の話です。
20110806_r0072654.jpg
実験内容
そしてさらに唐突ですが、実験をやります。油性色鉛筆(普通の色鉛筆のことです)は、水彩色鉛筆と違って水筆でボカすことはできませんが、溶剤を使うことでボカすことができます。それが実際どんな感じにボケる(溶ける)のか。それが今回の実験内容です。
試した色鉛筆は以下の5つ。
・色辞典(トンボ鉛筆)
・ポリクロモス(ファーバーカステル)
・パブロ(カランダッシュ)
・アーティスト(ホルベイン)
・ダーマトグラフ(三菱鉛筆)
試した溶剤は以下の2つ。
・メルツペン(ホルベイン)
・ペトロール(クサカベ)
実験結果
では早速結果を見てみましょう(クリックで拡大します)。
20110806_pencil003.jpg

▼続きを読む…

カテゴリ: アート/お絵描き 日付:
タグ: ,

桜を撮るならサクラカラー2011

今年も春がやってきました。
あの大地震から3週間。
このタイミングで桜が咲くというのは、不幸中の幸いだったのではないでしょうか。
もちろんいまだに避難中の人、怪我や病気で苦しんでいる人が大勢います。だけど、それでも、どんよりした景色の中よりはこの明るい桜の中で過ごす方がまだ気分的にはましなのではないかと思うのです。

サクラ2011
2011/04/10 東京都中野区・哲学堂公園
PENTAX LX | smc-M85mm/F2 | KONICAMINOLTA CENTURIA SUPER 200

実は地震後最初のブログに何を書くかはいろいろ考えました。地震当日の写真もありますし、被災地や原発のことなど、いろいろ書きたいこともあります。だけど、あえて今回は桜の写真にしました。

▼続きを読む…

Mt富士ヒルクライム2011エントリーしました

なんと連日のブログ更新なんて何年ぶりだ!?
はい。今年もエントリーしました。「Mt富士ヒルクライム」。
http://www.fujihc.jp/
昨年はエントリー開始からわずか8時間で締め切られて話題になっていましたが、今年はなんと3時間!!あやうく出場権を逃がすところでした。
昨年の出場結果はこちら
そういうわけで、俺の長いようで短い3ヶ月の自転車シーズンがまもなく開始されます。
正直例年ほどのモチベーションはないですが、ぼちぼち走りはじめます。
今年の目標タイムは1時間25分
どうかなぁ。

カテゴリ: チャリ走行日誌 日付:
タグ:

カレーのレシピを書いておこう

昨日作った市販ルーを使わないカレーが予想外に美味かったのですが、残念ながらみなさんに食べていただくことはできないためw レシピを残しておきます。

これですカレー
画像クリックで拡大します。

▼続きを読む…

カテゴリ: 食べる 日付: